fxは戦略的に勝つ!ダイバージェンスの勝てるシステムでデイトレ

海外fxで勝てると人気のダイバージェンスシステム戦略でデイトレ

さて、今回は、TDIインジケーター(Traders Dynamic Index)を使った、30分足のトレードを紹介します。

 

30分足ですので、スキャルピングに疲れた時など、スキャルの息抜きになるかもしれません。

 

こちらは、30分足ですが、1時間足とか4時間足にも応用できます。

 

ダイバージェンスの見方が勉強になりますので、特にFX初心者の方は、チャートを確認してみて下さいね。

 

 

TDIに関しては、4時間足の手法のページに、TDIの読み方のチャート図が沢山あるので
そちらを確認して下さい。
4時間足を読んでからの方が理解しやすいです。
TDIインジケーターの基本を理解する

 

 

TDIは角度が重要で、バウンスエントリーの仕方も理解できた。
と言う方は、30分足の手法に取り掛かって下さい。

 

30分足のダイバージェンスシステム

 

 

まずは、最初のPost#1を確認して下さい。
下の方にインディケーターのファイルがあるので、それをMT4にダウンロードして設定します。

 

そして、Post#1のチャートを良く見ながら、下記と照らし合わせて下さい。

 

 

◆◆ エントリールール ◆◆

 

<確認事項:その1>
TDIの緑と赤がクロス(又はバウンス)した後、プライスの位置が下記を満たしている場合
 −サポート&レジスタンス(S/R)から離れている
 −デイリーオープンライン(DOL)、200EMA、ウイークリーS/R
上記3つから離れている位置、又は反対側へ向かっている時。
(上記3つの近くに位置する場合は、これらをブレイクした後でエントリーする。
 上記3つに向かってエントリーすると、これらがS/Rとなり反転する場合も多いので。)

 

 

<確認事項:その2>
その1がOKなら、下記を確認
 −APB(平均足)がトレードの方向と同じ色である(緑はBUY,赤はSELL)
 −トレンドラインのブレイクアウト又は特別なパターンになっている時
  (プライスアクションの観察)
1.アウトサイドバー、インサイドバー、プルバック など
2.ロウアーハイ/ロウアーロウ&ハイヤーハイ/ハイヤーロウ など
    =>ペナント・フラッグ形成時や、ダブル(トリプル)トップ&ボトム
      ヘッド&ショルダーなど

 

<注意事項>

ダイバージェンスの形成の位置が重要。
ショートしない:TDIが68以上、ストキャスティクスが75以上の時は、売らない。
ロングしない:TDIが32以下、ストキャスティクスが25以下の時は、買わない。
      (買われ過ぎ及び売られ過ぎの勢力が強すぎて、反転するとは限らない)

 

 

なるほど〜。
私は、売られ過ぎだから買って、買われ過ぎだから売ってましたが・・・
だから失敗してたんですね〜(笑)

 

そうなんですよね、反転するはず・・・
と思いきや、全く勢力落ちない時が良くありますよね〜。
この売られ過ぎ、買われ過ぎゾーンは要注意ですね。

 

尚、作者はストキャスを更なる確認として使用し、マーケットの勢いを見ています。
そして下記がお得意のエントリーパターンです。

 

1. ダイバージェンス orヒドゥンダイバージェンス(Divergence/Hidden divergence)
2. S/R周辺のプライスアクション
3. TDIがクロス(又はバウンス)

 

さて、ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスの違いは?

 

ダイバージェンスは、反転のサインとして知られていますが、
ヒドゥンダイバージェンスは、トレンド継続のサインとされています。

 

私は、ダイバージェンスとヒドゥンは同じだと思っていたので、
継続のサインが出ていたのに、反転の方向へポジってました(笑)

 

この二つの違いですが、実は同時に発生している時もあり、判別が難しい時があります。
ですが、基本的には:

 

<上昇トレンド時>

ダイバージェンス:レートは上昇、RSIの上部の山が切り下がる
ヒドゥンダイバージェンス:レートは上昇、RSIの下部の谷が切り下がる

 

下降トレンドは、上記の反対となります。
実際の例がいくつか出てきますので、確認して下さい。

 

★フォレックスファクトリーの画面左上に、Optionsとある<Go to post#>の箇所に、Post番号を打ち込むと、該当ポスト番号に飛びます★

 

◆チャートをクリックすると、拡大します◆

 

Post#33
矢印が2か所ありますが、そこがエントリーポイントです。

 

Post#52

 

Post#65
応用のバウンストレードです。

 

Post#79

 

Post♯84

 

Post#90
判りやすいダイバージェンスの例

 

Post#99
サポレジラインを突き抜けた所で、エントリーしています。

 

Post#114

 

 

このように、特に作者の likica さんが投稿したチャートをチェックしていって下さい。

 

他の方のチャートで、良い例もありますが、中には悪い例もありますので、likicaさんの方のチャートが一番わかりやすいかと思います。

 

チャートを色々見ていると、イメージが掴めてきますので、何回か見て下さいね。

 

更に勝率がアップする、高性能インジケーターとは?